お知らせ

   ホーム  >  お知らせ [ 警報等発令時の対応 ]
 警報等発令時の対応

台風接近に伴う注意報・警報・特別警報発令への対応

 

 

 台風の影響により、登下校中の危険や公共交通機関の運休などの恐れがある場合、本校では以下のように対応します。

 

 

1.前日の終業時刻前に状況判断をした場合

 終礼時において、判断した内容を連絡する。

 

 

2.当日の朝に状況判断をした場合

(1)注意報(強風・大雨・洪水)

 (ア)授業:平常授業

 (イ)登校前に発令

    1. 公共交通機関が運行している場合は、今後の気象情報や地域の実状等を家族と相談し、無理をせず安全を確保し登校する。その際、自転車通学生徒もできるだけ公共交通機関を利用すること。

 (ウ)登校後に発令

    1. 気象情報や地域の実状に応じて、下校させることもある。

 

(2)警報・特別警戒(大雨・洪水)

 (ア)授業:平常授業

 (イ)登校前に発令

    1. 公共交通機関が運行している場合は、今後の気象情報や地域の実状等を家族と相談し、無理をせず安全を確保し登校する。その際、自転車通学生徒もできるだけ公共交通機関を利用すること。

 (ウ)登校後に発令

    1. 気象情報や地域の実状に応じて、下校させることもある。

 

(3)警報・特別警戒(暴風 ※ただし台風時に限る

 (ア)授業:授業中止・自宅待機

 (イ)登校前に発令

  1. 午前6時の時点で北九州市に警報・特別警報が発令されている場合は、午前11時まで自宅で待機する。学校ホームページ(緊急連絡)にて、午前6時10分以降連絡するので、随時確認すること。
  2. 午前11時の時点でも警報・特別警報が解除されない場合は登校を禁止する。学校ホームページ(緊急連絡)にて午前11時10分頃に連絡するので、確認すること。
  3. 午前11時の時点で警報・特別警報が解除されており、公共交通機関が運行されている場合には、午後の授業に間に合うよう安全を確保し登校する。その際、自転車通学生徒もできるだけ公共交通機関を利用すること。

 (ウ)登校後に発令

  1. 気象情報、交通機関等を確認後、安全に注意するよう指示し下校させる。
  2. 状況によっては、学校にて待機させる場合がある。

 

 

3.備考

 ホームページにて緊急連絡を確認できない場合や、居住地域の状況が学校近隣と異なる場合が考えられるときは、あらかじめ担任に確認方法について相談しておくこと。

 ホーム